2020年2月26日

特定技能「介護」サービス専用窓口を開設いたしました

介護業界の皆様へ

2019年4月より開始された新しい外国人在留ビザ「特定技能」。
とりわけ、対応14業種の中でも最大の受け入れ予定である介護業での期待は非常に高まっております。

しかしながら、新しい制度に対する企業向けへの情報や、成功事例などが不足していることなどもあり、当初の予定と比べ実際の就労者数がまだ少ない状況となっており、正確な情報の発信、初めて外国人を採用される受け入れ機関への手厚いサポートが求められています。

こような状況を踏まえ、弊社では介護業の皆さまに特化した特定技能外国人材紹介サービスを開始致しました。

日本での就労経験、生活経験がある人材をご紹介いたします

日本での就労経験者を中心にご紹介しております。
過去に日本で就労経験、生活経験を持ちその上で、さらに特定技能ビザで介護業に勤務するための技能試験、日本語試験に合格した優秀な人材ばかりです。

将来的に永住希望者が多く在籍しています

特定技能での5年間の就労期間中に、介護福祉士の資格取得を目指し長く日本で働きたいという意欲が高い人材ばかりですので、3年後5年後、10年後の将来を見据えての採用計画を立てていただくことができます。

ご希望の介護関連企業・団体様には、現地での面談・面接の場を設けさせていただきます。

この機会にぜひご検討ください。


前の記事 : 次の記事 :